大会長講演

  山本則子(東京大学大学院医学系研究科高齢者在宅長期ケア看護学分野 教授)
「家族看護学の研究方法:勇気をもって新たな知の冒険へ」
 

特別講演

  島薗 進(上智大学 グリーフケア研究所 所長 東京大学名誉教授)
「新たな感染症の時代の看取りと悲嘆」
 

教育講演

  康永 秀生(東京大学大学院医学系研究科臨床疫学・経済学分野 教授)
「ビッグデータで見えてくる家族の健康」
 

教育講演

  家髙 洋(東北医科薬科大学 教養教育センター 教授)
「看護実践の事例研究の学術性」
 

シンポジウム I

  26th - 27th- 28th つながるシンポジウム:With Corona時代の家族看護
 

シンポジウム II

  家族看護学研究の冒険:研究方法の更なる多様性に向けて
 

シンポジウムIII

  家族看護実践の冒険:新たな実践の枠組みを創る
   

 

]