第24回日本看護診断学会学術大会
日本生理学会
HOME
ご挨拶
開催概要
プログラム
一般演題交流集会
交流集会
ランチョン
市民
事前参加登録
座長・演者へのご案内
参加者へのご案内
会場案内
宿泊案内
リンク
Image23
協賛
お問い合わせ
 
 
 

   
   第24回日本看護診断学会学術大会を東京有明の国際展示場に程近いTFTビルで開催いたします。関東での開催は過去5回ありましたが、東京での開催は初めてとなります。学術大会長として、本学術大会を東京で開催できますことを大変に光栄なことと思っております。
 本学術大会のテーマを「看護診断の原点にかえろう―クライエントの健康な生活に有益な看護介入に向けて―」としました。看護診断は「診断する」ことが目的ではなく、患者や家族を含むクライエントが健康な生活を送れるよう、看護介入するためにあります。そもそも看護診断は何に貢献できるものなのでしょうか。看護診断の原点を再確認することで、これから取り組むべき課題と方向性のヒントが得られると考えました。現状を踏まえ、実践そして教育・研究の立場から建設的な討論ができるプログラムを計画しております。
 会期の2018年7月は、2年後の東京オリンピックを迎える準備が加速化する時期です。本学会会場周辺でも、テニスや体操など数多くの競技会場が建設されます。オリンピック会場の下見も兼ね、多くのレジャー施設や文化施設が隣接する魅力ある会場にぜひお越しください。なお学会初日の7月28日(土)は、東京の夏の風物詩である隅田川花火大会が開催される予定の日程です。みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。
   
  第24回日本看護診断学会学術大会
大会長 佐藤正美
東京慈恵会医科大学医学部看護学科 成人看護学