演題登録期間2024年5月23日(木)~ 7月23日(火)
事前参加登録期間2024年9月3日(火)~ 11月24日(日)

INFORMATION

2024年05月08日

協賛申込を掲載しました。

2023年12月15日

第72回日本職業・災害医学会学術大会のホームページを開設しました。

会長ご挨拶

第72回日本職業・災害医学会学術大会
会長 恩田 秀寿
昭和大学医学部眼科学講座 主任教授

 この度、第72回日本職業・災害医学会学術大会を 2024年11月23日(土)および24日(日)に東京都品川区の昭和大学上條記念館にて開催させて頂くことなりました。昭和大学の主催は本大会で5回目となり、眼科からは深道義尚先生、小出良平先生が過去に大会長を務められております。

 私達が暮らしている日本国は、戦後、幾多の災害を経て、今日に至っております。本学会の前身である災害医学研究会は、戦後、昭和28年に結成し、以後、その長い歴史の中で、我が国の災害医学研究と教育をリードして参りました。時代の変遷に伴い職業医学にも取り組んでおり、日本医学会分科会として現在に至ります。

 さて、Covid-19感染症の猛威により世界は混乱を極めたことは記憶に新しいと思います。しかし、同時進行で世界的異常気象による影響も足を忍ばせてきております。一難去ってまた一難と言いますが、私達には備える能力(チカラ)があります。本大会のメインテーマは「災害に強い医療体制の構築へ」です。全くもって斬新なテーマではありません。これまでの経験から学んできたことを再確認し、より強固な医療体制を構築するための、いわばスローガンです。そして本学術大会は定期訓練、シミュレーション的役割を担います。加えて、本大会では眼科疾患にも着目し、教育講演を予定いたしました。近年、スマートホンの普及により、一日中、画面に目を近づけて見ている人が増加しており、スマホ内斜視、調節過緊張、重度ドライアイなどの眼科疾患が増えております。会員の皆様にも現状などを周知できればと考えております。

 大会ポスターなどにはあえて富士山を採用しました。昭和大学の1年生はこの雄大な富士山麓で1年間の寮生活を行います。私ものびのびと生活をしていたのを覚えております。不謹慎かもしれませんが、もし、その時災害が起きていたら・・。現実にMt. Fuji噴火の研究もされております。時場所を問わずおとずれる災害。それに対し、その時にすべきことを皆様と議論、検討していきたいと切に考えております。

開催概要

学会名第72回日本職業・災害医学会学術大会
テーマ災害に強い医療体制の構築へ・その時何をすべきか
会 期2024年11月23日(土)~ 24日(日)
会 場昭和大学 上條記念館
(東京都品川区旗の台)
会 長恩田 秀寿
(昭和大学医学部眼科学講座 主任教授)
主催事務局昭和大学医学部眼科学講座
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
運営事務局株式会社プロコムインターナショナル
〒135-0063 東京都江東区有明3-6-11 TFTビル東館9F
E-mail:jsomt72@procom-i.jp

ポスター

プログラム

詳細が確定次第、掲載いたします。

演題募集

詳細が確定次第、掲載いたします。

参加登録

詳細が確定次第、掲載いたします。

座長・演者の皆様へ

詳細が確定次第、掲載いたします。

各種単位認定

詳細が確定次第、掲載いたします。

参加者の皆様へ

詳細が確定次第、掲載いたします。

会場アクセス

昭和大学 上條記念館

〒142-0064 東京都品川区旗の台1丁目1番地20
アクセスはこちらから

お問い合わせ

主催事務局

昭和大学医学部眼科学講座
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8

運営事務局

株式会社プロコムインターナショナル
〒135-0063 東京都江東区有明3-6-11 TFTビル東館9F
E-mail:jsomt72@procom-i.jp