HOME
開催概要
プログラム
演題登録
参加者の皆様へ
資格更新単位
会場案内
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 第38回日本臨床運動療法学会学術集会会長を仰せつかり、当地新潟で開催させていただきますことを大変光栄に存じております。

 本学会は循環器・呼吸器・内分泌代謝など既存の臓器別の概念を超えて、種々の疾病の予防法や治療法としての運動療法を推進していくことを目的としております。運動を行うことによる疾患の予防・治療効果は次第に判明してきておりますが、まだまだ多くの実地医療関係者に周知・実践されているとはいい難い状況です。本学会は科学的エビデンスに基づく運動療法を確立・発信していく重要な学術団体であり、今回の学術集会がその一助になれば幸いです。

 近年、ランニングやマラソンなどの有酸素運動はもちろんですが、筋トレを中心としたレジスタンス運動も非常に人気となっており、いろいろな場所にジムやフィットネスクラブが作られています。さらに2020年の東京オリンピック開催を控え、一般国民の運動・スポーツへの関心は高まる一方です。心不全や糖尿病などの患者さんへの運動療法のみならず、一般の方や高齢の方を対象にした、予防やQOL向上のための運動にも、当学会として対応する必要があると考えます

 そのような社会情勢を受けて、メインテーマを『運動療法の広がるニーズに対応する』とさせていただきました。各種疾病における運動療法はもちろんのこと、職域を含む一般の方の運動や身体活動にも着目したセッションも設け、皆様の知識のアップデートになるよう努めてまいります.
その他にも日常診療・業務のお役に立てるようなシンポジウムや教育講演を企画し、皆様のご期待に沿えるような会となるよう尽力してまいります。

 末尾になりますが、新潟といえば日本酒やお米が有名です。ぜひ皆様にもご賞味いただきたく、懇親会でもご用意させていただく予定です。
 日ごろの臨床業務の息抜きもかねて、ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしております。

   
 
 

 第38回日本臨床運動療法学会学術集会を新潟にて開催させていただくことになりました。

 本学会は、運動を日常臨床に活用しておられる先生、スタッフの方々とともに、安全かつ効果的な運動処方・プログラムの作成、運動療法効果の臨床的判定など内科的領域に関する研究成果、臨床経験などを気軽に発表し、率直な討論・意見交換ができる学会であり、このような各専門職を超えて議論できる場を持つことは有意義なことと思われます。

 運動療法に関わりを持つ職種は様々ありますが、健康運動指導士は、保健医療関係者と連携しつつ安全で効果的な運動を実施するための運動プログラム作成および実践指導計画の調整等を行う役割を担う者として、フィットネスクラブ、病院、老人福祉施設、介護予防事業等の現場の運動指導に従事しております。
 私は現在大学で、この健康運動指導士の養成および日本健康運動指導士会の仕事に従事しており、新潟でこのような臨床に携わる方が一堂に会して討論ができる場が開催されることは大変喜ばしいことと思っております。

 今回はテーマを『運動療法の広がるニーズに対応する』とさせていただきました。ぜひ多数の皆様にご参加いただき、幅広い職種にわたる情報交換と交流の場として、最新の研究発表のご発表、ご聴講いただければ幸いに存じます。どうぞよろしくお願い致します。